日本国憲法前文 The constitution of Japan (The above sentence)

 2001年9月11日にニューヨークの国際貿易センターがテロによる襲撃を受けました。これに対してすぐに報復すべきだと云う意見が多く聞かれましたが、その是非はともかくとして一度頭を冷やしてから考え、結論を出すべきだと考えました。
 日本には世界に誇ることができる憲法があります。その前文だけでもこの機会にお読みいただけたらと思いここに掲載致しました。

 追記(2004-2-15) 最近になってわが国の小泉首相はイラクに自衛隊を派遣するにあたってこの前文を自分に都合良く飛ばし読みしました。ぜひこの機会にあなた自身が前文のすべてを読んで素直に解釈してみてください。

 また、9条に関してこれを改悪して日本を戦争のできる国にしようとする勢力が大きな声を上げております。この際、9条についても御自分でお読みになり戦後の日本を支えて来た憲法を再認識してください。


日本国憲法前文

  日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由をもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍がおこることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

  日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

  われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対当関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

  日本国民は、国家の名誉にかけ、全力を上げてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

  We the Japanese people, acting through our duly elected representatives in the National Diet. determind that we shall secure for ourselves and our posterity the fruits of peaceful cooperation with all nations and the blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be visited with the horrors of war through the action of government. do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constituton.
Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people. This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded.

  We reject and revoke all constitutions, laws, ordinances ,and rescripts in conflict herewith.

We, the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship, and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world. We desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace, and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth. We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.

  We believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal ; and that obedience to such laws is incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.

  We, the Japanese people, pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.

第9条

  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 (2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 Article 9  Aspiring sincerectly to an international peace based on jestice and order,the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
 In order to accomplish the aim of the precceding paragraph,land,sea,and air force,as well as order war potential ,will never be maintained. The right of belligerence of the state will not be tecognized.

第25条

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 (2)国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及 び増進に努めなければならない。

Article 25. All people shall have the right to maintain the minimum standards of wholesome and cultured living. In all spheres of life, the State shall use its endeavors for the promotion and extension of social welfare and security,and of public health.